株で失敗した3パターンから学ぶ成功する秘訣

こんにちは、渡辺です。

連日暑いですねー。僕は夏バテ防止のために、サウナによく行ってます。

本当におすすめですので、是非やってみてください。

 

どうしたら株で失敗しないのだろうか?

失敗する人は、どういう失敗をすることが多いのか?

このように悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、失敗した3つのパターンから、失敗しないための3つの秘訣を紹介したいと思います。

上から順番によくある失敗になっています、それぞれのパターンごとに秘訣を伝えていきます。

 

失敗パターン1:根拠のない情報を信じて、売買を行ってしまった

多くの人が、トレードを始めるときに、他人の話を聞いて、耳寄りな情報に従ってしまいます。

このやり方は絶対にうまくいきません。一時的にうまくいくことがあっても、長期的に見た時に必ず損失を出してしまいます。

 

多くの人が聞き入れてしまう情報先

TV、新聞等のニュース35
友人の話36
アナリストの人のコラム39 

 

2ch36
一見儲かってそうな人がやっているセミナーの話38
おすすめの銘柄情報40

 

こういったものが多いです。

特に銘柄情報だけを聞けば、儲かると思っている人がいるといけないので、こちらの記事も読んでおいてください。

これから資産運用を始めるなら、絶対に知っておきたい投資とトレードの本質

 

パターン1の失敗をしないためには?

大切なのは、トレードの本質を知っておくということです。その本質を紹介したいと思います。

 

きちんと、期待値がプラスになる売買ルールであることをチェックする

どんな話を聞いたとしても、そのやり方をやり続けた結果、本当に、利益が出るのかをチェックする必要があります。

大事なのは、過去の期待値がプラスであるかどうかということです。

 

多くの人は、話を聞いた瞬間にそれをうのみにしてしまい、期待値が本当にプラスになっているのかどうかを確認していません。

株式投資やトレードで勝ち続けるためには、絶対に期待値がプラスであることを確認しましょう。

なお、期待値がプラスになるのかどうかを調べることを検証といいます。

検証の仕方は別の記事で説明していきます。

 

 

失敗パターン2:破産してしまった

こちらも失敗パターンの第2位にランクインするよくある失敗です。ここでは、まず多くの人が破産してしまう事例をみていきたいと思います。

 

投資資金を全額投資に回した

多くの人は、投資資金を全額投資してしまいます。

全額投資した場合、利益も大きいですが、損失も大きくなります。

 

負けが続いた時に、一気に取り戻そうとした

負けが続くと、早くその負け分を取り返したくなります。

その結果、一回の取引で、負けを取り返すために、いつも以上に大きな金額を運用に回してしまった。。。。

 

では、このような失敗をしないためには、どうすればいいのでしょうか。

 

パターン2の失敗をしないためには?

ここからは、破産しないために、知っておく必要があるポイントをお伝えします。

 

掛け金を資金に対して○%にするのかを決める

多くの人が、負けると掛け金を増やしてしまう傾向にあります。

→ 一回の取引で取り返したいという感情が働くため

 

そうならないためには、掛け金を資金に対して○%にするのかを決めることが大切になってきます。

僕は実際運用するときは、自己資金の15%以下の資金しか運用に回しません。

 

最も良い資金管理の仕方は、負けたら掛け金を減らし、買ったら掛け金を増やすです。

上のように○%と決めると、自動的に、負けたら減らし、買ったら増やすようになります。

 

さらに学びたい人は、破産確率について、詳しく書いた記事がありますので、そちらをプラスで勉強してみてください。

 

失敗パターン3:自分の感情を抑えることが出来ず、ルールを破ってしまった

良く「期待値がプラスの売買ルールがあれば、儲かるのでは?」と聞かれます。

実は、これは大きな間違いです。

 

期待値がプラスの売買ルールを持っているそして、投資資金に対して○%を運用に回すと決めている人でも、利益を出し続けることは出来ません。

 

それは。その通りにやり続けることが出来ないからです。

一番大きな原因は、自分の感情。ここでは、よくある感情による失敗例とその解決策について、紹介します。

 

投資やトレードに、刺激を求めてしまう

多くの人が始めは、利益を上げることを目的として、運用を始めるが、気づくと、お金が増えたり、減ったりの刺激を求めてしまうようになる。

刺激を求めると、売買ルールを守ることが出来なくなってしまう。

 

恨みを晴らしたいと思ってしまう

よくあるうまくいかない人の口癖に「株で負けたので、株で取り返したいです」「FXしかできないです」があります。これが口癖の人は、絶対にうまくいきません。

 

利益を出すという気持ちよりも、仕返しをしたいという気持ちを優先させると当然無理な運用を行ってしまいます。

 

パターン3の失敗をしないためには?

感情をコントロールすることが出来れば、利益を上げ続ける勝ち組に入ることが出来ます。

ここでは、どうすれば感情コントロールが出来るようになるのか秘訣を伝えます。

 

小さな資金で成功体験を作る

いきなり大きな資金で行うと、当然日々の利益も損失も大きくなってしまいます。そうすると、なかなか自分の決めたルール通りに行うことが出来ません。

 

例えば、月収30万円の人が、一日で30万円負けるようなやり方を行ったときに、どうなるかというと、1日で1ヶ月の給料負けたと感じてしまい、一回で取り返したい気持ちが大きくなってしまいます。

 

そのため、まずは自分が失っても痛くない金額の範囲内で、半年から1年間続けて、成功体験を積むことが大切です。

成功体験を積むと、多少の感情のぶれでも我慢できるようになります。

 

アファメーションを行うことで、気持ちを落ち着かせる

言霊はご存知でしょうか。僕はよく伝えさせていただくのが言葉にはエネルギーが宿っているということです。

例えば、自殺した人は、多くの人からの誹謗中傷が原因になっていることが多いです。

 

言葉には、人を自殺させることが出来るくらいのエネルギーがあります。

逆に、明るい言葉にも、エネルギーがあるため、人を明るくすることもできます。

 

もし、自分の行っている方法に自信がなくなった時や、ルールを破りたくなる時には、自分の気分を高める言葉を自分に言い聞かせると良いです。

 

僕はよくトレードをする時に言っているのは「すべてはうまくいっている」「成功するまでやってみる」です。

トレードでは、うまく自分の感情と向き合う必要があります。

 

周りに人がいるときにやると、変態扱いをされるので、1人のときにやることをおすすめします笑

 

 

まとめ

よくある失敗パターンに陥っている人は、まずはここに書いてある方法を実践していってください。

これから始める人は、ここに書いてある失敗をしないように気を付けてください。

 

 

 

マネーカレッジ.COMを応援してください


時間のないサラリーマンが1日数分で安定的に利益を上げ続けたノウハウを無料公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・システムトレードが適したのは株?FX?先物?
・最低限知っておかないといけないことって?

などなどをなんと50ページ以上にわたって書きました。

さらに、本書の最後には、
「豪華特典付き」

是非、一読ください。





1日5分の取引で経済的自由を手に入れるシステムトレード体験セミナー

システムトレードを体験するセミナーです。

○こんな人にオススメです。
・システムトレードについて直接話が聞きたい人
・スクールの中身を実際見てみたい人
・トレードでお金から自由になりたい人

のべ500人以上の方にセミナーを行ってきました。
なかなか自分で始める勇気が出ない人は、参加してみると良いですよ。