これであなたも大丈夫!日経225の税金完全ガイド

これから日経225先物取引を始めてみたいと思っているみなさん、税金については、勉強しましたか?

日経225先物取引は、現物株式とは、税金の区分がそもそも違う!!!!

 

しっかり勉強して、税金の払い忘れがないようにしましょう。

 

押さえておきたいポイント

まずは、押さえておきたいポイントを、順番に説明していきます。

 

申告分離課税

申告分離課税とは、他の所得とは合計せず、分離して税金を計算することです。

また、源泉徴収のように事前に税金を収める制度がないため、年間利益が20万円を超えると必ず確定申告を行う必要があります。

 

税率は一律20.315%

所得税等の累進課税のように、金額によって、税率は変わりません。

それに対して、日経225先物の場合、金額によらず、税率は一律20.315%です。

 

経費として認められる場合がある

日経225先物取引に関するものでお金がかかったものは経費として認められる場合があります。

 

売買手数料

パソコン

セミナー参加費

セミナーに行くまでの交通費

等々

詳しくは、税務署の方に聞くか、税理士の方に聞くのが良いでしょう。

 

損失は、3年間繰り越しすることが可能

日経225先物取引では、損失を3年間繰り越しすることが可能です

そのため、年間収益がマイナスであったとしても、確定申告を行う方が良いです。

 

具体的な計算については、記事の後半に紹介しています。

 

年間ごとの税金の計算方法

年間損益計算書から総収入金額を調べる(①)

年間損益計算書は、証券会社が作成してくれます。

それをダウンロードすれば、大丈夫です。

262

総収入金額とは、手数料と消費税を引く前の金額になっています。

 

経費にかかったお金を計算します(②)

次に、経費がかかったお金を計算しましょう。

⇒上でも書きましたが、どのようなものが経費として認められるのか?は税理士の人に聞くのが良いでしょう。

 

税金を計算します

税金=(①)-(②)×20.315%で計算することができます。

 

損失を繰り越す場合は、どうなるのか?

263

例えば、1年目に-300万円、2年目に+100万円、3年目に+200万円、4年目に+200万円だとすると、1年目から3年目は税金は一切かかりません。

4年目から税金がかかってきます。

 

まとめ

日経225先物取引の場合、20万円の利益をこえると、必ず確定申告をしないといけません。(源泉徴収されないため)

 

また、損失が出た場合であっても、3年間の繰り越しが認められるため、損失が出た場合も、確定申告は行うようにしましょう。

マネーカレッジ.COMを応援してください


時間のないサラリーマンが1日数分で安定的に利益を上げ続けたノウハウを無料公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・システムトレードが適したのは株?FX?先物?
・最低限知っておかないといけないことって?

などなどをなんと50ページ以上にわたって書きました。

さらに、本書の最後には、
「豪華特典付き」

是非、一読ください。





1日5分の取引で経済的自由を手に入れるシステムトレード体験セミナー

システムトレードを体験するセミナーです。

○こんな人にオススメです。
・システムトレードについて直接話が聞きたい人
・スクールの中身を実際見てみたい人
・トレードでお金から自由になりたい人

のべ500人以上の方にセミナーを行ってきました。
なかなか自分で始める勇気が出ない人は、参加してみると良いですよ。