投資で成功し年間利回り100%するまでに実践したこと

こんにちは、渡辺です。

 

トレードで成功したい。本業程度の投資収入がほしいと考えていませんか?

でも、失敗すると資金が減るし、どうすればいいのか?と考えていませんか?

 

この記事では、私が運用がスタートし始めてから、どのようなことを実践してきたのかを紹介したいと思います。

失敗談も交えて、同じ失敗をしないようにしていただけると幸いです。

 

 

投資を始めて~3か月に実践したこと

この時期は、結論からいうと全くうまくいかず、誰でも儲かるアベノミクス相場で1ヶ月で資産を半分にした伝説を残しています笑

 

この時期に、なぜうまくいかなかったのかも交えて、伝えていきたいと思います。

 

とにかくトレードに関する本を読みまくった

この時期は、とにかく知識をつけるために、本を30冊は読みました。

しかしながら、投資とトレードの違いを理解していなかったため、この時期に読んだ内容はあまり役に立ちませんでした笑

これから資産運用を始めるなら、絶対に知っておきたい投資とトレードの本質

 

30冊も読んだのに!?と思われる方がいるかもしれませんが、本当に今全くこの時期に学んだことは使っていません。

ただ、テクニカル分析に関する知識は、かなり身についたので、それは助かっています。

 

売買の方法をとにかくコロコロ変えていた

最初は、ボリンジャーバンドがいいんじゃないのか?ということでボリンジャーバンドを使ってやっていました。

しかしながら、うまくいかず・・・。次はMACDを使ったらいいんじゃないのか?といろいろと手法を変えていきました。

 

この時に、間違った認識をしていたのが、トレードで利益を上げている人は、勝率が100%のはずだというものでした。

だから、負けるたびにコロコロと手法を変えていました。

 

売るタイミング、買うタイミングをアナリストのコラムを参考にやっていた

テクニカル分析だけでは、利益を上げることは出来ない・・・と感じ、今度は、アナリストの人がこれから円安になる、円高になるといった、情報を頼りに売買を行うようになりました。

 

しかしながら、これもまたうまくいかない笑

 

投資を始めて~3か月に実践したことをまとめると

とにかくうまくいきませんでした笑

特にうまくいかなかった要因は、売買ルールをコロコロ変えたことや売買ルールに根拠がなかったことです。

 

次に、うまくいくきっかけがたくさんあった3か月目から半年を振り返ります

 

 

3か月~6か月に実践したこと

この時期は、僕のトレード人生に大きな影響をあたるような人との出会いがあり、その後大きく人生自体も変化していきました。

この時期に学んだことが一番大きいと思います。

 

検証の必要性を学んだ

売買ルールを作っていくにあたって、大切なのは、勝率ではなくて、期待値。

期待値がプラスのことを行うとたとえ、勝率が20%だとしても利益を残すことができます。

 

今までの売買には、根拠がありませんでしたが、検証を通して、売買に明確な根拠を見つけることが出来ました。

検証についての記事はこちら

 

ひたすら検証を行い、また複数の売買ルールを同時に運用することを学ぶ

今では、30個近くの売買ルールを同時に運用するまでになりました。その当時は、7個ほどでした。

この時に学んだのが、1つの売買ルールで、上昇トレンドでも下降トレンドでも横ばいトレンドでもいつでも利益を上げることはできないということでした。

 

1つの売買ルールには、上昇トレンドのときには利益を上げれるけど、下降トレンドのときは、微妙。

のように得手不得手があります。

 

そのため、複数の売買ルールを同時に運用することによって、どんな相場においても最終的に利益を残すことができるようになりました。

 

自己資金30万円でスタートして、成功体験を作った

大きな金額を運用するとどうしても、感情コントロールが難しくなると聞いたので、まずは少ない資金で成功体験を積むことを意識して、焦らないようにしました。

30万円が半年で最終的に45万円になり、僕にとってこれが大きな成功体験になりました。

 

この時に、このやり方だとうまくいくなということを確信しました。

 

3か月~6か月に実践したことをまとめると

本はあまり読まなくなりました。それよりも検証を通して、期待値がプラスになる売買ルールの構築の仕方を学び、売買ルールを見つけていくことに時間を使いました。

 

この時期が一番トレードをやるうえで時間をかけた3か月でした。

また、小さな金額で成功体験をすることができたことが大きかったです。

 

 

6か月~1年に実践したこと

この時期では、さらに投資資金を150万円に一気に増やした時期でもあります。その結果、売買ルールを守ることができなくなったりしました。

 

この時期では、感情のコントロールの仕方を特に勉強しました。

 

トレードをする時の合言葉を決めた

「トレードを行うときは、今から行う投資は過去最大の損失を出す」と口に出してから投資を行うようにしました。

 

なぜ、これをするようになったかというと、どうしてもトレードを行うときには、

大きく掛け金をしたくなる

よくわからないけど、負ける気がして、取引をやめる

 

といった、欲や恐怖が出てくるようになりました。

そんな時に、次に一番大きな損失が来るぞっていうことで、

 

掛け金を増やすのをやめたり

損失を受け入れることができるようになりました

 

複雑な売買ルールよりも単純な売買ルールの方が結果が良いことを学んだ

売買のルールは、どんどん単純なものが多くなってきました。例を挙げると、移動平均乖離を条件にいれただけの売買ルールを作っていったり、

 

前日の終値と今日の終値の比較のみの売買ルールを作っていきました。

本当にシンプルです。

 

6か月~1年に実践したことをまとめると

投資資金を増やしたことで、感情コントロールが必要になってくることを実感しました。

この時期に感情コントロールを勉強した結果、私自身大きな損失を出すような失敗はしていません。

 

また、感情コントロールを勉強すると人間関係がより円滑になりました。

いやだなと思っても、笑顔で対応出来たり、しんどいなって時も明るく振舞えるようになりました。

 

このあたりから、スクールの会員の方も徐々に増えてきた時期でもありました。

 

 

1年後から今日にいたるまでに実践したこと

ここから大きくはしょりましたが、ここはすごく細かい話をしていきます。

この段階から、ほぼ無心でトレードを行うことができるようになりました。

 

利益よりも手順を重視するようになった

トレードで大切なのは日々の手順。

日にちベースで負けることもありましたが、それでもトータルで利益を残すことができることがわかりました。

 

なので、このあたりから利益上げる手順を意識するようになりました。

間違った手順をしなければ3か月や半年ベースでみると必ず利益を残せる。

 

そう確信しました。

 

2016年に入って日銀系のイベントの日は取引をしないようにしました

 

こちら見てください。日銀会合があるときの過去データになります。

値幅=高値-安値

 

41

 

こちらをみてもらうとわかるのですが、2015年12月からあきらかに値幅が大きくなっています。

こういう時は、大きな利益を出すこともできるのですが、逆に大きな損失を出す可能性もあります。

 

個人的には、大きな損失を出すのは一番トレードにおいてやってはいけないので、こういう日は取引をしていません。

 

複数の証券会社に資金をわける

資金が大きくなると、証券会社を複数にわけることをおすすめします。

何かしらの不備や故障で取引ができなくなる可能性があります。

 

決済したいのにできないとなると、大きな損失を出してしまう可能性があります。

そのため、複数にわけておくことで、そういったリスクを分散しています。

 

1年後から今日にいたるまでに実践したことのまとめ

大きな変化はないですが、細かい変更や改善を行っています。

日々、より運用益をあげることを考えています。

 

そのため、ちょっとしたアイディアで劇的によくなることもあります。

 

 

まとめ

特に大切なのが最初の1年間で経験したことです。

ほとんどの方がここでつまづいているのではないかと思います。

 

きちんとした学びを入れることがトレード投資で成功するためには、必須です。

ともに成功していきましょう。

マネーカレッジ.COMを応援してください


時間のないサラリーマンが1日数分で安定的に利益を上げ続けたノウハウを無料公開

時間がないサラリーマンが1日数分で
利益を上げ続けた方法を大公開。

・1日数分でできるシステムトレードって何?
・システムトレードを行う具体的な手法
・システムトレードが適したのは株?FX?先物?
・最低限知っておかないといけないことって?

などなどをなんと50ページ以上にわたって書きました。

さらに、本書の最後には、
「豪華特典付き」

是非、一読ください。





1日5分の取引で経済的自由を手に入れるシステムトレード体験セミナー

システムトレードを体験するセミナーです。

○こんな人にオススメです。
・システムトレードについて直接話が聞きたい人
・スクールの中身を実際見てみたい人
・トレードでお金から自由になりたい人

のべ500人以上の方にセミナーを行ってきました。
なかなか自分で始める勇気が出ない人は、参加してみると良いですよ。